シワとシミを対策する

MENU

シワとシミを予防する

肌トラブルの一つとしてシミやシワがありますが、どうしてシミやシワができてしまうのでしょうか?
一番の大きな原因は紫外線による影響が大きいです。
なぜ紫外線が肌にとって悪いのか説明をしていきます。
紫外線と言えば、太陽光ですが、太陽光には、「可視光線」、「赤外線」、「紫外線」のの3つの光があります。
この中でも紫外線は力が強く、肌に悪影響を及ぼします。
紫外線にもUVAとUVBと言う波長があり、前者は表皮に後者は真皮まで影響が出ます。
UVBは太陽光による日焼けが一般的で分かりやすい例だと思います。
表皮の中にあるメラニンを酸化させ、肌を黒くしてしまいます。
その結果、乾燥し、シワができてしまう原因になります。
UVAはコラーゲンとエラスチンいいたずらをし、変性させます。
そのため、肌の保湿機能が低下されます。

 

女性3

 

このように紫外線を浴びるだけで肌に悪影響が出てしまうことが分かると思います。
では、どのように対策をしていけばいいのでしょうか?
一番の方法は紫外線を浴びないことです。
紫外線対策としては日焼け止めクリームがありますが、「PA」や「SPF」と表記がされています。
UVAを対策するのであればPAが表示されている日焼け止めクリームを使いましょう。
PA+などと+が付いている表記がありますが、この+が多ければ多いほどUVAをカットします。
UVBはSPFと表記されている日焼け止めクリームです。
SPF30などと表記されていると思いますが、1時間何もつけない場合と30時間SPF30を付けて日光を浴びた場合同じ量のUVBを浴びたという認識になります。
つまり、SPFを塗ればUVBを長時間カットしてくれることが分かります。
数値が高ければ高いほどカットしてくれる時間も長くなりますが、それだけ肌に負担をかけることになるので、外出する時間などを決めて、その日に合わせた日焼け止めクリームを使うのが一番いいです。
また日よけグッズを利用するのも紫外線対策するには効果的です。
夏場はもちろんですが、冬場も紫外線はあるので、しっかり対策をしてください。
普段何気に太陽の光を浴びていますが、肌にはとても悪影響だということが分かったと思います。
加齢によるシワやシミもありますが、ほとんどが紫外線によってできてしまうものです。
根本的な問題から解決をしていかなければ、紫外線により、組織が破壊されてしまい、シワやシミは対策をすることが難しくなります。
スキンケアは毎日欠かさずしましょう。